生活スタイルで決める

バルコニー

エクステリア工事を行うときには、門まわりや庭などのイメージ作りと情報収集を行うことが大切になります。自分がかんがえている理想のイメージをしっかりとまとめることでその内容を実際に形にすることができる横浜のエクステリア業者を見つけることが大切になります。しかし、横浜の業者を探す前に自分が理想としているエクステリアの内容を理解していないと外構業者を見つけことが難しいです。庭作りをする時に必要なのは、イメージ作りです。イメージがしっかりと固まっていないと工事の様式やデザインを決めることができません。

イメージする時には、生活スタイルを考えて庭作りをすることになります。エクステリアのスタイルは、主にオープンスタイルやセミオープンスタイル、クローズドスタイルなどがあります。
オープンスタイルでは、塀やフェンスなどでにわを囲まないので開放感があります。また、塀やフェンスをしない分、費用を削減することができます。また、不審者がいる場合にはすぐに見つけることもできます。また、防犯砂利などを庭に敷いておけば鬼に金棒です。

セミオープンスタイルでは、門柱や塀を部分的に仕切りを作って隠すことです。プライバシーを確保しながら開放感のある庭にすることができます。最近では、こういったスタイルにする家庭が増えています。
またクローズドスタイルでは、敷地内に塀やフェンスで完全に住宅を囲みスタイルが特徴となります。プライバシーは高くなり、重圧感と建物の一体感を演出することが可能になります。また周りを囲んでしまうので、不審者や泥棒などに侵入されてしまうと近所の人に気づかれにくいので防犯砂利や防犯カメラなどを設置してホームセキュリティに加入する必要があります。
そういったイメージをしっかりと固めておくことで理想とするエクステリアを横浜の業者に伝えることができます。